2ページ目 | ひとりごと

【ブログ】小倉城のお堀

今日は、ポカポカと暖かい日となりました。

なんとなく散歩したい気分になり、小倉城へと足を運んでみることにしました。

とは言っても、歩いて10分程ですが・・・。

小倉城のお堀の水を抜いて調査を行っていることは、新聞やニュースで目にしていました。

実は気になっていたのです。。。



細川公時代の石垣の調査するにあたって、水を抜きお堀に棲む生物の調査が行われているそうです。


ちょうど、私が着いた時に役所の方が何か生物を見つけたようで、捕獲している所でした。


テレビ取材に対して説明している所を、横から聞き耳を立ててみました。

「二ホンウナギです。30年前はこのお堀にウナギやナマズがいたという目撃証言がありましたが、今回本当に見つかりました。」

ただし、住み着いた経緯に関しては、水を引き込んだ時に卵が入ったか、水鳥が運んだか、人が放流したか、などいくつかの可能性があるそうです。

貴重な生物なので、一旦保護し、調査が終わってから再び放流されるとの事です。



およそ30年前と言うのは、まさに私が小学生の頃、毎日のように小倉城のお堀で遊んでいた時代です。

あの頃、お堀を上から覗くと沢山の生き物がいました。

まず駄菓子屋でスルメを買い、ある程度しゃぶってクタクタになったイカをタコ糸にくくり付け、上から垂らします。
するとアメリカザリガニが藻から爪を出して食い付き、引き揚げると簡単に捕れました。

親友はギリギリまで水面に近付いて遊んでいたところ、うっかり通学靴が脱げてしまい皆が大笑いで見守る中、水底にゆっくり沈んでいきました。あの時の光景は今も目に焼き付いています。

その場所から、小倉城天守閣をカメラに収めてきました。

あとひと月も経てば、桜が咲き始めることでしょう。

いずれ、また来ます。


【ブログ】節分


2月3日は節分です。

浄土宗でも本山や大きな寺院では「追儺式(ついなしき)」といって豆まきの源流になったと言われる鬼払いの儀式が行われています。

我が家では、もっぱら住職である私が鬼の面をかぶり、子供たちを含む寺族に豆を投げつけてもらうのが毎年の恒例です・・・。

節分が来たという事は、すなわち明日は立春、暦の上では春という事になります。



梅のつぼみもだいぶ柔らかくなってきましたが、北部九州は明日から最大級の寒波が襲来するとのことで、積雪もあるかもしれません。

体調管理にはくれぐれもお気を付けください。


【ブログ】平成30年早々に思うこと


早いもので、平成30年に入って1月も半ばを過ぎました。
その間、この冬一番の寒波もやってきましたが、今日はとても暖かいです。

新着情報という名のブログもしばらく更新しないと、
「忙しいの?それとも体調悪いのかしら?」
とご心配をおかけしますので・・・最近の出来事を・・・。


正月休みに私のブログを久方振りに見た妻から、
「ちょっと見ない間に、テイストが歴史に偏りすぎてませんか?前みたいにいろんな方に読みやすくした方がいいんじゃない?」
と、ありがたいご指摘を頂きました。


さてさて、
もうすぐ校区の小学生3年生が恒例の歴史散策を行います。
散策は長崎街道小倉城下町の会の方々が案内してくださいます。

今年散策を体験する3年生の長男に詳しく聞いてみると、散策ルートは何コースかに分かれていて希望のルートを選んでいいそうです。

長男は、コースに長圓寺が入った唐津街道ルートを選んだそうですが、

「長圓寺方面は、人気がないよ!」

と、ありがたいご指摘を頂きました。

やっぱり小倉城が人気だそうです。

という事で、
今年も、少しでも多くの方に知っていただけるように情報を発信していけるよう、精進してまいりたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。

長圓寺 住職拝


【ブログ】師走に駆け込み


いのちのたび博物館で催されていた「小笠原忠真展」。

行きたい行きたいと思いつつも、中々時間が取れず、気が付けば最終日となっていました。

法務の後、到着したのは閉館40分前・・・。



子供たちと一緒に・・・滑り込みセーフでした。

事前に学芸員さんにお聞きしていた通り、忠興公関連の資料や所蔵品も展示されており、かなり見応えのある内容でした。

師走の真っただ中ですが、合間を縫って行くことが出来て良かったです。
以上、珍しくプライベートブログでした。