【ブログ】開花・開運予想


菩提樹の樹です。西洋菩提樹、リンデンバウムともいいます。
お釈迦様が悟りを開かれたときにあったインド原産の菩提樹とは別の種属になります。

寺歴が残っていないため正確なことは言えませんが、植えられた場所がちょうど改修前の本堂横にあったことから予想すると、少なくとも樹齢150年以上は経っているのではないかと推察されます。



今、まさに無数の蕾が開花までの時を待っています。

5月末から6月ごろには一斉に咲き始めます。花の量が量だけに結構すごいですよ。

この花には、いろんな効能やパワーが秘められています。

まず甘い香り。蜂蜜の原料にもなるリンデン。
こちらにも毎年ミツバチがやってきます。

そしてこの花はハーブティーとしても珍重されています。精神安定や不眠に効くそうです。

さらに、今年知ったのですがこの花を財布に入れておくと、
なんと金運がUPするそうですよ。

ちなみに菩提樹(リンデン)の花言葉は、「夫婦愛」・「結婚」です。

これは、秋冬になるとわかるのですが、西洋菩提樹は1つの葉に対しておよそ2つの種子がついています。
そして、この葉っぱが竹トンボのように舞って遠くまで2つの種を運んでいきます。
その姿が、夫婦の人生を表しているのではないかと私は思っています。

今年は、天候が読めないので、サイトやfacebookの方で開花の状況をお知らせできればと思います。


【ブログ】菩提樹の樹の下で・・・


梅雨入りしたとは言え、気持ちのいい晴れ間です。

今年もこの時期になると、菩提樹の花の甘い香りがお寺全体を包んでいます。

本当にびっくりするくらい広範囲に香りが立ち込めているんですよ~。



ご存じの方も多いと思いますが、この菩提樹は西洋菩提樹と言って、
お釈迦様が悟りを開かれたときに座っていたインドボダイジュとは違います。

中国を含む東アジアの地域ではインドボダイジュの生育が難しいため、
栄西禅師が菩提樹に似ていたこの西洋菩提樹を中国から日本に持ち帰りになり、
全国の寺院に植樹が広まっていったといわれています。

かなり大きく、花の量が想像を超える量です。
香りが広がるのも納得ですね。



その香りに誘われて、今年も無数のミツバチがせっせと蜜を集めています。

ミツバチだけでなく、たくさんの昆虫や鳥たちも・・・。

そんなこの菩提樹の下の土の中にはたくさんの蝉の幼虫が、
梅雨明けを機に、成虫になる為、地面から出てくる時を待っていることでしょう。




ちなみに、境内の梅の実の収穫も進んでいます。

今年は、このカゴのあと10倍はあります。。。

なかなか作業が進まず、2本あるうちの1本はまだ手つかずの状態で、完熟しそうです・・・。

以上、テーマ「自然のこと」でした。


【ひとりごと】ちと、をかし・・・


先日、北九州地方は土砂災害警報が出るほどの暴風雨が降りました。

次の日、関東では4月に夏日。

気候がおかしいです。

その表れでしょうか、毎年実をつける境内の梅の木ですが・・・

実のつけ方が異常に多いのです。



これでは、まるでブドウの様です。

樹木自身が危機を感じたからなのか、
あるいは鳥獣の活動が盛んで受粉が上手くできたからなのか。

理由はわかりませんが、不思議でなりません。

まあ、果実が多く採れることは人間にとっては得なのかもしれませんが・・・。


【お間違いなく】梅に鶯!?いやメジロ


桃の節句を過ぎ、虫たちが目覚め、活動を始める「啓蟄」に入りました。

本格的な春はこれからです。

梅の花が満開となり、メジロが一日中忙しそうに飛んで来ます。

こちらがカメラを構えていてもお構いなく、花の蜜を吸っているのです。

ところで、ウグイスとメジロはとても混同しやすい鳥です。



「梅に鶯」とよく言いますが、ウグイスが梅に近付くことはほぼ無いそうです。

ウグイスは警戒心が強く人前に姿を現すことはなかなか無く、
もし鳴き声が聞こえたとしても、少し離れた樹の中にいるそうです。

そして勘違いしやすくしているのが「うぐいす色」という表現。
淡い緑色を言いますが、これはメジロの色に近いです。

実際のウグイスの姿は少し茶色っぽく、これを「鶯茶色」と呼ぶそうです。

いつか、ウグイスの姿も写真に収めたいなーと思います。

毎年、鳴き声は聞こえるんですが・・・。


【ブログ】寒中梅


梅が咲き始めています。

新潟の日本酒の中に「寒中梅」や「雪中梅」という銘柄がありますが、

九州でも雪のちらつくような寒い日が続く中、静かに耐えながら穏やかに花を開かせています。


昨日は、生涯学習センターにて小倉北文化祭「邦楽演奏会」がありました。

前室で、出番直前まで共演者と息を合わせる稽古をしていた長女を見かけ、

その真剣さにびっくりしてしまいました。

結果、満足のいく演奏ができたようで何よりです。

お師匠様、出演者の皆様、お疲れさまでした。