2ページ目 | 歴史

【歴史】長圓寺・小倉祇園社移転建立の謎に迫る~その1~

当HPなどで何度も紹介している通り、当山長圓寺は、初めは西蓮院と称し、嘉吉元年(1441)に小倉城二の丸(現在のリバーウォーク付近)に創建された。小倉城下では最も古い浄土宗寺院である。
後に華岳山西蓮院長圓寺と名を改めた。

そして細川忠興公小倉城築城の際、竪町(現・安国寺の場所)に移転する。(1602年前後か?)
さらに僅かその数年後、今度は現在の鋳物師町へと再び移転した。

その理由について『小倉市誌』では、
「三本松に在りし安国寺は一国一寺の献寺たるを以て往来筋に建立すべき旨」によって安国寺を竪町に移し、長圓寺を鋳物師町に建立したとある。

わずかな期間の事であり、非常に不可解である。
「一国一寺の献寺たる・・・」の理由であれば築城の際に初めから竪町に安国寺を移し、鋳物師町に長圓寺を移転すれば済む話である。

これに関しては、郷土史家の先達が既にご指摘である。
そもそも小倉の安国寺は足利尊氏が全国に建立した「安国寺」とは別系統であるので、この理由は間違いであろう・・・とのことである。

それよりも寧ろ、明智光秀の末子とも言い伝えられる梵徹和尚が絡んで来ることが考えられる。
のちに梵徹和尚は細川家肥後転封の際に忠利公に熊本への同行を請われた。
条件として、ガラシャの菩提寺または安国寺を建立する事を提示。
既に禁教の世の為「秀林院」を許されず、よって熊本に安国寺を開山したという。
(つまり「秀林院」はあからさまに南蛮寺であったという事か・・・)
梵徹和尚に関しては、津々堂さんのブログにまたまたお力をいただいた。



さて、恥ずかしながら、ここに下手な手描きの地図を載せる。
国立公文書館デジタルアーカイブ「豊前国小倉城絵図」を載せたいのだが著作権の関係のため詳しくはリンク先を見ていただきたい。この地図は正保元年(1644)以前の様子である。それでも忠興公が小倉城下を整備してから約40年が経過しているが、最もその原型に近い地図であろう。

話は逸れるが、この「豊前小倉城絵図」は幕府に領国内の様子を提出した物であるが、寺院名や町名は書かれていないが、ほぼ全区画に「寺町」や「侍町」「町屋」などと書き込まれている。
しかしながら、長圓寺と祇園社の敷地はなぜか空白になっている。


さて、本題に戻ろう。
手描きの地図には赤字で1、2、3と長圓寺が移転していった場所を記した。
しかしながらその年代年号は判然としない。
(この時期は、立て続けに大地震が起きた時代である事も頭に入れておかなければいけない。)


1から2はおそらく小倉城築城の時もしくはそれよりは少し前で、2から3は慶長年間(1596‐1615)末期ではないかと推察している。
なぜなら、小倉祇園社との関係性が長圓寺移転にも深く関わっているのではないかと考えているからだ。

引き続き考察していきたい。


【歴史】長圓寺墓地の紹介その3~祇園社宮司の墓~


以前から、長圓寺と小倉祇園社(現・八坂神社)との関係はブログの中で何度も扱ってきた。
もともと隣同士であるということを主に取り上げてきたが、ここに来て色々な関係性が推測されることとなった。

その事は、当ブログ(新着情報)の中で少しずつこれから明らかにしていきたいと思っている。

画像は、小倉祇園社初代宮司高山孫太夫定直の墓である。元和三年(1617)
その他、明治時代の宮司・高山出羽守藤原定政も当墓地に眠っている。

元々小倉祇園社は、細川忠興公の命により小倉南区長尾の祇園社を南殿、三本松の祇園社を北殿として勧請し鋳物師町に社地を定めた。
北殿には蒲生八幡宮より高山孫太夫藤原定直、南殿に篠崎八幡宮より川江左衛門橘種茂を迎え、代々両氏が交互に務めたそうである。(後に高山氏が単独継承)


さて、今年に入ってから歴史は相当に動き始めている。

先日、小倉一の宮・蒲生八幡宮宮司であられる高山定美氏がお出でになり、高山孫太夫定直の墓前に手を合わせられた。

高山氏のお墓がまさかお寺の中にあるとはご存知なかったそうで、小川研次氏から話をお聞きになり大変驚かれたそうである。

実に四〇〇年の時を越えて・・・。



いろいろな思いがこみ上げる。

江戸(元和)・幕末から明治という宗教の大変革期。
そして大正・昭和・平成と・・・。

神社と寺院。
お互いに一筋縄ではいかない時期も、もしやあったのかもしれない。

しかしここに新たな一歩を迎えたものだと感じている。



近い日に、お礼の参拝にお伺いしたいと思う。


【歴史】長圓寺墓地の紹介その2~医師小野匡輔の墓~

長圓寺の墓地には、古いお墓がたくさんあります。

中には小倉藩の隠れた名士達のお墓が点在しています。

個人情報保護を鑑みて、歴史上の人物に限り、できる範囲で紹介してみたいと思います。



医師で儒学者の小野匡輔のお墓です。文化六年(1809)享年35歳
右隣は、匡輔の父上で同じく医師の小野玄亭(文化八年)のお墓です。

匡輔の溢れる才能と早すぎる死を惜しんで、石川彦岳(儒学者で思永館初代学頭)が自然石に碑を刻み、墓石としています。

今から200年ほど前の物ですが、なんと丁寧で素晴らしい文字なんでしょう。



十数年前まで私は、この銘文を読むことはおろか、このお墓の存在すら知りませんでした。


教えて下さったのは、「長崎街道小倉城下町の会」で副会長をされていた郷土史家の故・稲津義行先生でした。

先生がまだお元気な頃、
「小野匡輔の研究は、あまり誰もやってないから方丈さんがやったら面白いですよ。」
とおっしゃってくださいました。

ちょうどその頃、テレビドラマの「JIN_仁_」が放映された後で、すこしその気になっていたのですが地道な作業がやっぱり苦手で、途中で諦めてしまい今日に至ります・・・。

それでも、私なりに調べた所までをご紹介。

江戸中期の医師として有名な「生生堂」こと中神琴渓に京都(大津とも)で学ぶ。
秘伝を受けた後、筑前で亀井南冥の下に遊学。

父玄亭が高齢の為、侍医の職を継ぐが、25歳の時に暇を請い江戸にてさらに1年学び、その後帰郷。
幕府の官医柴田氏の門人に職を譲り(?)、父と共に市井で医療に携わる。
貴賤を問わず、名誉にとらわれずにひたすら救命活動に励む一方で、生徒を集め講義を行った。

中神の施術をまとめた『生生堂治験』2巻を著す。
『徴瘡論』、『詒謀録』を著すも未完や未脱稿のまま35歳にて惜しまれながら逝く。


さて、もし小野匡輔がもう少し長生きをしていたら小倉藩の医学の発展に少しは影響があったのでしょうか。
そんなことを考えてみるのも面白いものです。
『生生堂治験』、読んでみようかなー。


次回も墓地から1つのストーリーをお届けします。









【歴史】忘却の彼方~閻魔大王~


当山所蔵、閻魔大王像である。

実は、約半年前までは何故あるのか縁起もわからず、ただ本堂の隅に祀られていた。

しかし以前、当ブログでも触れた「小川さんの来訪」から始まった、くだんの歴史探索により

様々なことが明るみになってきた。

以下『小倉市誌』の記述より

「鋳物師町 此の鋳物師町より平松口御門迄を帯廓と云ふ。
  東蓮寺あり。焔魔の木像あり。正月・七月十六日に地獄極楽の絵を掛く。諸人参詣す。
   (中略)此の夜鋳物師町にては花火を揚ぐ。 ・・・。」

東蓮寺とは当山長圓寺の末寺で、
大門側から日豊本線鋳物師踏切を渡ってすぐ右手に明治初期まで存在した。

本尊は阿弥陀如来(現存)、そしてこちらの閻魔像があったという。
残念ながら、地獄絵図は存在していない。

小倉城下の閻魔像と言えば小倉北区長浜町の閻魔堂が有名である。
こちらも同じく浄土宗の円応寺さんの末寺である。

先日、円応寺のご住職と談義させていただいた。

ここからは推測であるのだが、東の長浜、西の平松いずれも漁師町であり、源流は同じである。
その方々からの深い信仰があったのではないか。

また、閻魔像を祀り地獄極楽図の絵解きを行うことは
浄土信仰にとって重要な教化の材料となったのではないか、ということである。



さて、もう一つ興味深いことがある。

その昔、常盤橋を渡った現・室町交番の辺りは牢獄があり、処刑人はそこを出発し

地獄橋(現・極楽橋)を渡り、日明処刑場(首切り地蔵あり)へと向かった。

船で向かったという説もあるが、市中引き回しの刑ならば当然、鋳物師町を通ったはずである。

地獄橋の手前にある最後の寺院は金蓮寺観音堂(現・鋳物師地蔵尊)。
こちらも長圓寺の末寺であった。


このことに着目された小川さんは、題して「獄門ウォーキングツアー」を企画された。

先月・今月と旅のスタートに長圓寺閻魔大王への参詣を選んでいただいた。


江戸時代、小倉城下の庶民の信仰を集めていた東蓮寺閻魔像。

消されていた記憶から再びよみがえり始めたのだと感じている。

だが、それは閻魔像だけに限った事ではない。まだまだ他にも判明したことは数知れず。

いずれまた。

それにしても、彩色も剥がれ眠っていた閻魔像であるが勢いはなかなかである。






【歴史】ガラシャの観音~ある檀家さんの回想録~

「細川ガラシャの観音」

以前、驚きの話を教えてくださった檀家さまに、
お盆参りで1年振りにお会いする機会があったので、もう一度詳しく伺うことにした。

以下、証言である。

それは、現在90歳代になられたHさんがお嫁に来られてすぐ、つまり今から約70年ほど前の事。

当時長圓寺境内にあった観音堂の中に閻魔大王像があり、その奥に黒い厨子があったという。

当時の住職とその奥方からは、
「細川公から預かったといわれる大切な物。」
「絶対に厨子の中を見てはいけない。」と言われていたらしい。

その厨子からは異彩のような光を感じ、見ると十字架のような文様があったという。

当時、その観音像には教育委員会の文化財調査が入り、調査が完了したと住職から聞いたとの事。 

以上。


現在、厨子に入った観音像は長圓寺に存在しない。


わずかに残された史料として明治時代に書かれた寺院所有物の目録がある。

その中に書かれている仏像類と、現在残っている仏像を照らし合わせると・・・

2体の観音像が足りないことが、発覚した。いや、気付くのが遅すぎる・・・。



まず考えにくいが、戦後の大変な時期にまさか売却したのか?

あるいは昭和中期、ほぼ無住状態となった折に厨子ごと持ち去られてしまったのか?

今となってはわからない。

果たして、どのような観音像だったのか?

先日ネットニュースに、
盗まれていた仏像が京都で見つかり、元の福岡の寺院に返ってきたという奇跡が報じられた。

盗難に遭ったかどうかは何とも言えないが、
ほんの数十年前までは安置されていたという事実。。。一度でも手を合わせてみたかった。