2ページ目 | 歴史

【歴史】板櫃川の流れ

この度の九州北部豪雨において被害に遭われた方々へ心からお見舞い申し上げます。



北九州市小倉北区も豪雨により周辺地域は避難指示が出ました。

テレビで板櫃川の水流の中継が幾度となく放送されていました為か、
いくつかのご心配のお電話をいただき、ありがたく存じます。

中継場所は近いとはいえ、長圓寺からは直線距離で約700mの辺りという場所でした。

とは言え、7日午前中は板櫃川・紫川ともに危険水域を超え、さすがに恐怖を感じました。

市内では、いまだ避難されている方もおられます。

今日7月8日も午後から雨が降るという予報ですが、ひどくならないことを切に願います。



さて、この板櫃川。

調べによると、古来より「降れば水害、照れば干ばつ」、そんな河川だったそうです。

実は、板櫃川は昭和8年ごろまで当山長圓寺の裏手沿いに流れていたのです。



幕末の様子






現在のサンリブ西小倉裏手から日豊本線沿いに北上、そしてテキサス1000裏、
九電変電所鉄塔辺り長圓寺墓地沿いはまさに板櫃川の河岸だったのです。



(金色の線が昔の流れ、
八幡から到津を通り菜園場・愛宕・小倉高校横を通り平松から海へ抜ける青色の線が現在の板櫃川)

昭和9年、水害の多さから大治水工事により現在の板櫃川の流れに付け替えられたという事です。

少なくとも享保年間に2度の水害。明治6・7・17・19・24年は、立て続けに被害甚大。
付け替え後の昭和28年未曽有の大水害。

これらを教訓に、特に昭和の大水害以降は河川工事・貯水池開発などを積極的に行い、
今では水害、渇水に対してとても強い都市となりました。


しかしながら今回、改めて川の流れと水害の歴史を振り返り、考えてみると、

実際、長圓寺墓地裏手境界沿いにあるお墓にはあまり古いものはなく、
もしかしたら明治期頃まではかなり被害に遭っていたのではないかと思わざるを得ません。

何か伝え聞いておられないか、あるお方にお命日参りで伺ってみようと思います。


【長圓寺の歴史】小倉藩のキリシタン(不定期連載)その3

小川さんから教えていただいた細川忠興・忠利・ガラシャそして明智家にまでまつわるお話。

歴史は好きなほうだと思っていたのだが、私の知らないことは多すぎた。



まず盲点だった事。それは、
細川忠興公の時代の豊前国(中津も含む)は全国でも有数のキリシタン都市であったという事だ。

『北九州市史』~近世~の宗教・文化編を見ると、まず第一章に取り上げられているというのに、全く気が付かなかった。


宣教師の著した史料によると・・・
慶長九年(1604)頃、小倉城下町の人口の約3分の1がカトリック信者であったとされている。
(小倉カトリック教会HPより)


ご存じの様に日本人というのは、古来より様々な宗教が複雑に絡み合い、積極的に受容・融合していくという、世界から見ると不思議な宗教観を持った民族である。

であるから小倉の人口の3分の1が敬虔なキリシタンであったというのは早計かもしれないが、それでも教会に足を運ぶ信者は実に2,000人に及んだという。

ちなみに小倉城下には2つの教会があり、忠興公は大いに保護し、布教を手厚く支援したという。
忠興公自身がキリシタン信者となることはなかったが、神父にガラシャの祭式(追悼ミサ)の挙行を毎年要請した。
また、忠興の弟や息子である忠利(小倉藩2代藩主)や娘2人は皆キリシタンであったとされる。

小倉にあったとされる2つの教会。
その所在地(跡地)は不明だという。 ~つづく~

次回は、小川さんがまとめられた文章を使用させていただき、私なりに綴っていきたいと思います。

【長圓寺の歴史】その1

【長圓寺の歴史】その2



【長圓寺の歴史】細川家とのつながり(不定期連載)その2

さて、腰の重い私が、もう一度改めて長圓寺の歴史を調べることとなったのは、
奇しくもこのブログにも起因があった。


ある日、本堂の瓦を眺める一人の紳士がいらした。

お墓参りの檀家さん??ではない・・・。

遠くから会釈し、目が合うと、こちらに来られ

「確かに九曜紋の瓦ですね。ガラシャのマリア像についてのブログを見ました。」

とお話になられ、驚く私。。。


確かに、以前、長圓寺住職のO型ブログに書いた。

その記事内容は、うちの檀家さんの言い伝えである。
長圓寺には「細川ガラシャの秘仏・マリア観音」があったとか、なかったとか。
詳しくは➡「細川ガラシャ」O型ブログ



さて、本堂を眺めておられたその方は、
小川さんと名乗られ、そこから沢山の興味深い話を教えてくださった。

私も食い入るようにそのお話に耳を傾けていると、

日本で最初に作られたワインは細川小倉藩の物であり、
その目的は細川ガラシャ追悼のために使用されたのではないかと推察したことから、
細川家について小倉城下・熊本・京都はもちろん、世界を回って調査されているとの事。

『小倉藩葡萄酒事情』という著作も拝見させていただいた。

小川さん・ワイン。。。

・・・あっ。

その方は、小倉のワイン界で有名な小川研次さんであった。

私の父とは、某国際社会奉仕団体の会員として一緒に活動されておられ、
生前中の父からは、その御名前を聞く機会があったのを思い出した。

まさかこんなご縁があるとは・・・。

これを機に、改めてもう一度長圓寺の歴史や細川家とのつながりを調べてみようと考えたのであった。



【長圓寺の歴史】その1


【長圓寺の歴史】細川家九曜紋(不定期連載)その1

まず、はじめに。

華岳山長圓寺の開山年は、嘉吉元年(1441)である。

これは、小倉城下町の有史上では2番目に古い。
(なぜなら中世以前の小倉の様子は史料が乏しく不明な点が多い)

明治期までは、末寺・末庵、計四ケ寺を抱えた寺院であったが、
幕末の小倉戦争における混乱に乗じた略奪などにより寺宝は散逸する。

また廃仏毀釈等の影響もあったか、末寺はすべて廃寺となり、
寺有地も経済的困窮を乗り切るために手放された。

その後昭和中期には、後継者の夭逝により無住にもなった。

もともと縁戚であったため、同じく小倉・宝典寺の住職(私の祖父・父)が兼務住職を勤め、
荒廃した伽藍も平成14年に大改修を行い、それと同時に拙僧が入山し、やがて第33世住職となった。

なぜに改めてここに綴るのか。

これは、寺伝の少ない長圓寺にとって後世に残すべき史料として
私が気づいた事を雑記していくものである。

ことの発端はいずれ述べるとするが、歴史を遡らずを得ない興味深いご縁に出会ったことによるものである。





昭和八年十月一日。当山長圓寺、五重相伝の記念写真である。

二十歳のころの祖母も行者として写っている。

前回、「往生伝について」の中でも触れていたが、
五重相伝とは浄土宗在家信者における最高の修行である。

この行により真の仏弟子となり、念佛の極意や生前に法名も授かる。

さて、
本堂前の提灯をご覧いただきたい。
やはり長圓寺の寺紋は細川九曜紋なのである・・・。
いや正確には、細川忠興公の時代のため、いわゆる九曜紋である。

小倉城下においては小笠原家の三階菱は今もよく目にする機会もあるはず。



もちろん現在の屋根瓦も九曜紋。昔の本堂の瓦も一つ現存している。

何故に、この九曜紋を拝領したのだろうか・・・。

武家にとって禅宗信仰が多い戦国末期から江戸前期、
どちらかと言うと大名にとって浄土宗寺院は、奥方や姫君の菩提を弔う場合が多い。

ちなみに長圓寺では細川家ゆかりの方を弔った記録はない。いや正確には残っていない。

もちろん浄土宗寺院なので藩主の祈願所になる可能性もないといっていいだろう。


写真に写る方々はその理由を伝え聞いていたのだろうか。

問いかけても、答えが返るはずもなく・・・。