【ブログ】平成30年早々に思うこと


早いもので、平成30年に入って1月も半ばを過ぎました。
その間、この冬一番の寒波もやってきましたが、今日はとても暖かいです。

新着情報という名のブログもしばらく更新しないと、
「忙しいの?それとも体調悪いのかしら?」
とご心配をおかけしますので・・・最近の出来事を・・・。


正月休みに私のブログを久方振りに見た妻から、
「ちょっと見ない間に、テイストが歴史に偏りすぎてませんか?前みたいにいろんな方に読みやすくした方がいいんじゃない?」
と、ありがたいご指摘を頂きました。


さてさて、
もうすぐ校区の小学生3年生が恒例の歴史散策を行います。
散策は長崎街道小倉城下町の会の方々が案内してくださいます。

今年散策を体験する3年生の長男に詳しく聞いてみると、散策ルートは何コースかに分かれていて希望のルートを選んでいいそうです。

長男は、コースに長圓寺が入った唐津街道ルートを選んだそうですが、

「長圓寺方面は、人気がないよ!」

と、ありがたいご指摘を頂きました。

やっぱり小倉城が人気だそうです。

という事で、
今年も、少しでも多くの方に知っていただけるように情報を発信していけるよう、精進してまいりたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。

長圓寺 住職拝


【歴史】長圓寺・小倉祇園社建立の謎に迫る~その5~秘仏・薬師如来立像

前回前々回のブログの中で、薬師如来についてお伝えした。

寺院所蔵の目録に確かに「薬師如来像」とあるが、一体どれほどの間、人目に触れていなかったかは、私にはわからない。

なぜなら立像ではあるが、お立ちになる事が出来なかったため、いわば永い間、閉じられていたままの状態であったからである。

今回、篤信者さまの御協力を賜り、厨子の新調、折れた腕の修復、そして何よりも御足で自立していただく為に計画を練った。

当初は、寺院仏具のサイトで既存の厨子を検索したのだが、漆に金箔そして金具。
それはそれで素晴らしく、金額もかなりの物である。けれど何かが違うと思っていた。

それは、この薬師如来像の由来の可能性や人目に触れず永く眠っていたことが、きらびやかな厨子よりも何か純粋で自然に近い方がいいのではないかと感じさせられたからだ。

何も必ず仏具店に頼むという選択をしなくても良いのではないか?

そう考えていると、ここにも縁は働きかけてくれた。

妻のいとこの同級生が小倉南区で自然素材を生かした家具工房を開いている。
501furnitureの渡辺圭さん
以前、名刺を交換したことがあったが、サイトを見てみるとオーダーメイドで仏壇を制作した経験がギャラリーに載っていた。

従妹に連絡をしてもらい、それからトントン拍子に打ち合わせは進んだ。

偶然にも渡辺さんの友人に大手の仏像修復所で長年修業を積まれ、今は現代彫像を専門とされている方がおられ、その方とも情報を交換するなどの機会をいただき、作業は進捗していった。

そして、晴れて平成29年の年内にご納入いただく運びとなった。



全てケヤキで、蝶番などの金具は一切使用せずに作られている。

特に正面の扉は、一枚のケヤキを真っ二つに割ったものを使っているので木目が左右対称である。

当初は、古色塗りをしていただく予定だったが、製作途中にこの木目の素晴らしさと白木の清浄な雰囲気を見た途端に心は奪われてしまった。

神聖な本地仏には、このままでいい、いやこれがいいと心から感じた。




さて、秘仏薬師如来像ですが、今のところ、一般への公開は予定しておりません。
今後、時期を定めるなど、検討してまいりたいと思います。