【行事報告】夏のまとめ


7月27日、施餓鬼法要ならびに永代供養法要



盂蘭盆会。棚経参り。
8月13日から15日は本堂でお盆法要。



8月16日
小倉仏教会灯篭流し法要



鋳物師地蔵の地蔵盆供養。

令和元年の夏の行事も無事終えることが出来ました。


【ブログ】平成31年度春季彼岸法要


今日は春彼岸のお中日です。
朝は雨が降っていましたが、やがて晴れ間が見え気温もかなり上がってきました。
晴れ間と共に、たくさんのお墓参りの方がお見えになっています。

それでは、ご報告です。
お彼岸の入りの日、3月18日に当山長圓寺春季彼岸法要が厳修されました。

ご回向の後のご法話は、静岡教区養命寺御住職の安井隆秀上人にお取り次ぎ賜りました。
それだけでなく、法要中もずっと余間にお付き下さり、終始念仏ご回向くださったのです。
そしてご法話においては、感動のあまり涙する方がたくさんでした。

長圓寺檀信徒一同にとりましてもますますの信仰・日々の念仏の励みとなる機縁となりました。

平成最後の法要は大変すばらしい法要になりました。
この同じ時間、同じ空間を共有することが出来、とてもありがたいことだと感じさせていただきました。


【ブログ】細川ガラシャに関して、ある檀家さまの証言

以前ブログでも取り上げた、「長圓寺に細川ガラシャのマリア観音が存在した!?」という話。


この記事を読まれた小川氏によって連絡を頂き、その後いろいろなご縁をいただきました。

そのおかげで、歴史探訪やさらには眠っていた薬師如来の御開帳法要も行う事になったわけですが、

その法要の際、私はいくつかの画像とともに「細川家(ガラシャ)と長圓寺」に関する講話を檀家さまにさせていただきました。
大半の方が初めて聞く話に驚かれる中、古くからのお檀家さまがお一人残られ、私に話し掛けてくださいました。

「私がお嫁に来た頃は、長圓寺は細川ガラシャさんと関係があるお寺、と多くの方が認識されてましたよ。だから今日の話もちっともびっくりしませんでした。」

と驚きのご報告をいただきました。ただ残念ながら、どんな関連があったのかはご存知ないようでした。
もしかすると100年ほど前であれば、もっと具体的な伝説があったのかもしれません。

この件に関しては、私も一生涯をかけて探索していかなければならないと思っております。

また、こうしてネット上に書き記すことで、同じように見つけて下さった方から貴重な情報等があることを期待しております。

また興味ある方からの情報もお待ちしております。 合掌


【ブログ】年頭のご挨拶


昨年は薬師如来御開帳など、いままでにない取り組みも行いました。
今年度もすでにたくさんのイベントや特別法要などが予定されています。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。