【ブログ】平成30年度永代供養・施餓鬼法要


7月27日は、当山長圓寺の永代供養ならびに施餓鬼法要が執り行われました。

この日も大変暑い一日ではありましたが、椅子が足りなくなりそうなほど多くのお参りをいただきました。

というのも、福岡市や遠くは兵庫県からも足をお運びをいただいたからであります。

普段はなかなか北九州までは、という所をこの日は、ご調整いただいたとの事でした。

ほんとうにありがたいことで事でございます。



法要の中では、各御先祖の霊位は勿論のことですが、
大阪北部地震・西日本豪雨と今年に入って相次いだ災害で犠牲になられた方々の追善回向のため
参加者全員でお念仏をお称えいたしました。


【お知らせ】まもなくお施餓鬼法要です

40℃を超えるなど全国的に連日、猛烈な暑さが続いています。

そんな中、明日から小倉では祇園太鼓祭りが始まります。
細川忠興公の御代に始められた小倉祇園祭は400年の歴史があります。
暑い中にも活気あふれる光景を見ることが出来るでしょう。


さて、当山長圓寺では来週の7月27日(金)に
永代経ならびに施餓鬼法要が厳修されます。

こちらも暑い中ではございますが、本堂内を涼しくしてお参りの皆様をお待ちしております。



【ブログ】グァンさんの再訪

今日は、予定からして法務多忙の日曜日。
しかも、昨日から持病の腰痛が若干出ていた為、なんだか目覚めも機嫌も悪い。

そんな中、朝早く玄関のチャイムが鳴った。

グァンさんだ。

すぐに本堂に通すと、
「今日は、おじいさんの、よん・きゅう・にち・です。」

(私)「えー!、もう49日ですか?」

時の経つ早さにびっくり。四十九日がある事にもびっくり。ちゃんとお参りにいらしたことにもびっくりだった。


その後、しばらく会話をした。
要約
・日本のお寺は、お参りするのに勇気がいる。
・本当はベトナムに戻りたいけど、年末までは戻れない。
・今日、これから職業免許の試験に行く。合格しないと来年まで帰れない。

何と、今からまさにK国際大学を会場とする試験に向かう朝に、長圓寺に寄ってくれたのである!

最後にグァンさんは、
「ベトナムのお寺にもよくある、おかねをいれる箱は、どこ?」と言うので、

「あ~賽銭箱の事?これですよ。」と答えると、

おもむろに財布から千円札を取り出し、入れようとしていた。

私は思わず、
「そんなに入れなくても、いいんですよー。」と声を掛けた。

すると、グァンさんは胸に手を当て、真剣な眼差しで
「これは、私の気持ちです。」としっかりと言葉を伝えてくれた。
そしてグァンさんはお寺を後に、会場へと向かっていった。


日本の現代社会においては、「お布施はお気持ちで・・・」なんて表現すると、
「そのお気持ちっていうのが1番わからない。」というのが本音なのだろう。

今日、彼は純粋に仏法僧に施しをくれたのである。

毎回、グァンさんには色々なことを教えてもらっている気がする。

今日という多忙な1日も、不思議とストレスなくこなすことが出来た。
「気持ちは大事、やっぱ気持ちは大事。」





【ブログ】リンデンハーブティー


菩提樹は、あっという間に満開になりました。

今年もミツバチが・・・。

何年か振りに、リンデンのハーブティーを作ることにしました。



と言っても、簡単。

花を摘んで洗います。
小さな虫は当たり前のように付いています。



水気を切って、キッチンペーパーを敷いた皿に平らに並べ、700Wの電子レンジで3分程。

この時点で、洗いきれていないかった虫たちは死んでしまいます(ゴメンナサイ)




後は、熱湯で抽出。
えぐみとかは一切なく、ほのかな甘さと香りのハーブティーです。

下世話な話ですが、市場価格では100gあたり2,500円程します。。。

効能は、ずばりリラックスと安眠です。

今年は、金運UPと夫婦円満のお守りとしてドライフラワーを少し多めに作ろうかと思っています。


【コラム】ベトナム人青年 グァンさん(仮名)


檀家さんの葬儀を終えて寺に戻ると、本堂の前をうろうろしている若者がいた。

少し不審に思いながら、声を掛けると、

「きのう、おじいさんがなくなりましたから、おねがいします。」

アジア系の外国人青年だ。

「本堂をお参りするということですか?」

と尋ねると、「おねがいします。」との事。

鍵を開け案内し、とりあえず線香をあげるように促した。

彼は、丁寧に礼拝をしていた。

話を聞くと、ベトナムの出身で、エンジニアとして北九州に働きに来て半年だという。
その割には、日本語がとても上手だ。

先ほどまで、檀家さんの悲しみに満ち溢れたしめやかな葬儀を執り行ってきた私は、ベトナムでお祖父さんが亡くなった彼の気持ちを察するに、

「帰りたくても、そう簡単には戻れないから、とても残念ですね。お祖父さんの名前は?」

と声を掛け、阿弥陀さまへ追善のお念仏を称えた。

すると彼は、「ベトナムでは、すぐちかくのお寺でおいわいをしました、ありがとうございます。」
という晴れやかな顔と意外な言葉が・・・。

(お祝い??、お祈りのこと?やっぱり半年じゃ日本語って難しいよね。。。)
心で思いながら、

「また、近くまで来たらどうぞお参りしてくださいね。」
そう声を掛け、頭を下げる彼を見送った。

そして庫裡に戻り、「ベトナムの仏教」を念のため検索すると・・・。

主にベトナムの仏教は日本と同じ大乗仏教で、輪廻転生の思想が徹底されており、死を迎えることは新しい門出と捉え、お祝いの儀式を行う。中には三日三晩お祭りを行うこともあるという。。。



「このたび浄土に往生せん(する)こと慶びの中の慶びなり。」
「無漏無生の国に生る、是れ曠劫の大慶と云わざるべけんや。」

拙僧は、まさしくその通りであると思うのだが、
果たして万人に、お通夜の席で素直に受け入れてもらえるのだろうか・・・。

考えさせられる一日であった。